燃え殻さんと

05 December 2015 12,321Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今日は燃え殻さんと恵比寿で飲んできました。

お互い詳しくない恵比寿でお店も決めずに「どーにかなるでしょう」と言いながら、華金の19時過ぎ。実際にどーにかなってしまうから先週アポして今日会おうという話になったんだろう。生ビールと寒ブリと楽しいお話。

燃え殻さん↓

燃え殻さんのツイートは、ことばは、どれもノンフィクションで、なのに詩的だ。 前回、お会いして話をした後に、僕はこんなツイートをしている。   

この考え方は今でも変わっていなくて、メディアが乱立し、人の可処分時間を奪い合う中で、僕たちは何かイノベーションを起こしたいわけでも、壮大な夢の話をするわけでも、大それたメッセージを押し付けるわけでもなく、「くだらねえな」と吹き出したその一駅分の時間をMTRLに費やしてくれたことに価値を見出す。

 

 

テーブルに切り刻みの刑に遭う前のイカが運ばれてきた。

燃え殻さんと

 

僕と燃え殻さんは、仮に高校時代同じクラスにいても絶対に友達にはなっていないだろう。修学旅行でも同じ班にはなっていないだろう。だけど、インターネットがあったから、仲良くなれた。今はそういう時代だ。

 

そんな話をしていたら、先ほどのイカが姿を変えて再びテーブルに運ばれてきた。

燃え殻さんと

今日、燃え殻さんと飲みながら話をしていて、目から鱗だった考え方があるのでブログでこっそりシェアします。

 

何者にもなりたくない。

 

僕たちは、何者かになりたくて、なりたい何者かに縛られている。何者にもなりたくないという考え方は新鮮で、はあちゅうの本にある”何者かになりたい”という言葉の反対の意味に捉えられるかもしれないけど、何者かになりたいという考えも、何者でもいたくないという考えも、どちらも”前に進みたい”という想いを含んでいる。ネガティブそうな言葉にみえて実はポジティブだ。

また、”夢や希望は持たない強さもある。”と語ってもいた。

人と話すということは、自分にない価値観を吸収することの連続だ。だから楽しいし、意味がある。会いたい人がたくさんいる。願えば叶う”二酸化炭素”の濃度が高い東京で、会いたい人に会える自分をつくる。

 

そういえば! インタビューを掲載していただいていたマイナビ進学U17のランキングに入っていました。

燃え殻さんと

嬉しい!

まだ、読んでいない人に見てほしいな。

【掲載】高校生向けメディア「マイナビ進学U17」さんでインタビュー | MTRL BLOG(佐野 恭平) http://blog.mtrl.tokyo/9153

 

  • ふぁぼ! (7)

================

『明日のモテるを配信中!』-MTRL-
factoryのバターチキンカレーはやっぱり美味しい!

MTRLインターン募集!
factoryのバターチキンカレーはやっぱり美味しい!

■佐野恭平Twitter
@kyohei_sano

■佐野恭平LINE@
LINE@

■MTRLの人気企画書籍化!

■広告出稿のお問い合わせ
株式会社MTRLまで

05 December 2015
佐野 恭平

MTRL編集長  ライター/編集者 雑誌『JUNON(ジュノン)』にて毎月コラムを連載中。 TWITTER : @kyohei_sano  INSTAGRAM: KYOHEISANO

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事