書くことが嫌いだった

08 December 2015 3,944Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

書くことが嫌いだった
昔は、文章を書くことが嫌いでした。

今でも、自分が書いたり編集した文章に自信が持てないことが多くて、そんな時は、知り合いのライターさん(朽木さん石川さん)に原稿ごと投げて内容を見てもらったりしています。(お忙しいのに本当すみません!)

遡ること中学時代、マジで頭が悪かった僕は、とにかく作文が苦手でした。

400字詰の原稿用紙は、距離を知らされない長距離走みたいに途方もなく真っ白だった。

たまたま筆が乗った時に、クラスでも早めに書き上げて先生に提出した作文があった。僕は、そのまま廊下に呼び出され、大変怒られた。

作文の内容は、ハゲをdisったものだった。道徳の時間だった。

世の中、笑いに変えてはいけないコンプレックッスがあること、TPOに合わせてエアーを読まなければいけないことを知った。自分のベースをそこに見た…。

それ以来、書くことがもっと嫌いになった。

携帯電話もPCも使ったことがない時代(携帯は高1から持ち始めた)に、自分の書いたもので“炎上する”という貴重な経験をしたのだ。米田先生炎上事件。

その後、「魔法のiらんど」や「mixi」などのリハビリを経て、恥ずかしい文章なら自分のペースで書くことも悪くない。そう思えるようになりました。

僕を「書くこと」から遠ざけたあの事件ですが、今はすごく感謝している出来事でもある。

自分の書いた文章で、傷つく人はいないか、困る人はいないか、先生に提出(記事を公開)する前に、一度立ち止まって、リスクを冷静に考えてから公開することができているのは、他でもなくあの経験からだ。

それでもあんなゲスい記事ばっかなのかよ! というクレームは受け付けませんが、文章を書くことを嫌いにさせた経験が、今、文章を書く身として大切な経験に変わってる。

人生に無駄な経験なんてないのかもしれないね。

  • ふぁぼ! (20)

================

『明日のモテるを配信中!』-MTRL-
factoryのバターチキンカレーはやっぱり美味しい!

MTRLインターン募集!
factoryのバターチキンカレーはやっぱり美味しい!

■佐野恭平Twitter
@kyohei_sano

■佐野恭平LINE@
LINE@

■MTRLの人気企画書籍化!

■広告出稿のお問い合わせ
株式会社MTRLまで

08 December 2015
佐野 恭平

月間300万PVのメンズファッションメディア『MTRL(マテリアル)』の編集長。インターンやモデルも募集しています! TWITTER : @kyohei_sano  INSTAGRAM: KYOHEISANO

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事