20代は「生き急いでる」と言われるくらいじゃないと頭角を現せない気がする

04 November 2015 3,916Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

20代は「生き急いでる」と言われるくらいじゃないと頭角を現せない気がする
個人的で極端なお話。

仕事においてもプライベートにおいても20代のうちから守りに入ってしまうといいことないのかなって感じることが多いです。

誰もが「自分の時間」を持ちたがるけど、なんていうか、打ち込むものができると自然とそれ自体が自分の時間の中の一部になるのかなって。どんどん侵食されていく。

そんな本当のトレードオフに出会ってからが仕事においては本番なのかなって最近は思います。まわりから見て生き急いでいるように見えるって、同世代の中では、特に20代のうちは必要なのかなと思います。

“焦ってる”とは意味が違うけど、みんなが思ってるほど日々は変化のないものの連続ではないし、未来は近い。なりたい像とビジョンを定め、そこに期限をつけると悠長な気持ちじゃいられないはず。

だから、20代は生き急いでると思われるくらいでないと絶対にダメ!

一つひとつの積み重ねとか、なんてことない日々とかが重なって今になってるということを、未来の自分に丸投げしないために、今、努力しよう。

正当化しない。自分に厳しくありたい。
こんな感じでいこうよ。

  • ふぁぼ! (6)

================

『明日のモテるを配信中!』-MTRL-
factoryのバターチキンカレーはやっぱり美味しい!

MTRLインターン募集!
factoryのバターチキンカレーはやっぱり美味しい!

■佐野恭平Twitter
@kyohei_sano

■佐野恭平LINE@
LINE@

■MTRLの人気企画書籍化!

■広告出稿のお問い合わせ
株式会社MTRLまで

04 November 2015
佐野 恭平

MTRL編集長  ライター/編集者 雑誌『JUNON(ジュノン)』にて毎月コラムを連載中。 TWITTER : @kyohei_sano  INSTAGRAM: KYOHEISANO

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

RANKING

MTRL