あえて作る余白の時間 vs 人の時間を奪う人

27 June 2016 1,812Views
  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自分のTODO管理はかなりアナログだ。

その日の朝に100円ローソンで買ったメモパッドに1日の予定を全て書き出す。朝の「やること整理」の時間。昔から(学生時代にテスト勉強するときも)こんな感じで「今日絶対にやること」と優先順位は低いけど「今日やれたらやっちゃうこと」を書き出す。

「なんか忙しい!」で頭の中がわーっとなってストレスを感じている人は、まず「今日」自分がやることだけを可視化してみると、案外「あれ?余裕じゃね?」って思うこともあるかも。

それだけでは不安なときはスマホにリマインドさせるし、苦手なスケジュール管理系はスタッフに予定を伝えて管理や調整してもらうことも多い。

で、なるべく心がけていることは「余白の時間」を作るということ。

これは日単位だと難しいから週単位で作ったり。

どちらかと言うとタスクが多いときに「巻く」ための時間だったり、心の余裕を確保するために必要だったり。

余白時間の使い方が上手な人って、すごく充実度の高い人が多くて「THE・追われてる感」は卒業できるかも。

僕は最近「忙しそう」ってすごく言われることが多いんだけど、ちゃんと余白時間を使って思いっきり怠けているし心の余裕は確保しているからイメージだけ。諸々の帳尻合わせもここでするし、平日だけどお昼寝しちゃう日もある(大人なのに)。

その分、仕事の効率にプラスになっているからオススメ。

そんな人の精神衛生のためにとっておく余白時間含め「人の時間を奪う」クズ野郎がいたりする。

平気で40分遅刻してきたり面談をバックレたりetc

この人たちには「人の貴重な時間を奪っている」という自覚がなさすぎるんだろうなぁといつも悲しい気持ちと憤りを感じる。

時間って誰にでも平等な単位ではあるんだけど、その単価や生産性は人によって異なります。軽い気持ちや自らの怠慢で人の時間は奪っちゃダメ、絶対!

日々、そんな攻防。

■こちらもどうぞ!

【意識高いやつ】初めて会社で仕事するお前らへ【必見】

 

 

  • ふぁぼ! (3)

================

『明日のモテるを配信中!』-MTRL-
factoryのバターチキンカレーはやっぱり美味しい!

MTRLインターン募集!
factoryのバターチキンカレーはやっぱり美味しい!

■佐野恭平Twitter
@kyohei_sano

■佐野恭平LINE@
LINE@

■MTRLの人気企画書籍化!

■広告出稿のお問い合わせ
株式会社MTRLまで

27 June 2016
佐野 恭平

MTRL編集長  ライター/編集者 雑誌『JUNON(ジュノン)』にて毎月コラムを連載中。 TWITTER : @kyohei_sano  INSTAGRAM: KYOHEISANO

  • Facebook
  • Twitter
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事